ちょっと気になった
ニュースをご紹介します。


非正社員、初の4割雇用側「賃金の節約」 厚労省調査
20151123-1



厚生労働省の発表によると、
パートや派遣などの非正規雇用が
労働者に占める割合が
初めて40%を突破したそうです。


恐らく、正社員の大半は
40代後半以降だと思われるので、
20代、30代は半分程度が
非正規雇用という状況ではないでしょうか?


今回の発表は2014年度の調査なので、
2015年度ではさらに増えている可能性もあります。


つまり、今の日本は20代・30代から
どんどん貧乏になっている状況です。


さらに恐ろしいのは、
今の20代・30代の人が40代・50代になっても、
状況は変わらないどころか、
ますます悪化している可能性の方が
高いという事ですね。


というのも、
人口が減少している日本では
物が売れにくくなっていき、
当然ですが、売上は下がっていきます。


企業としては、売上が減るなかで、
正社員を増やしても、人件費(固定費)が
アップするだけなので
なるべくやりたくないわけです。


つまり、これから日本はますます
貧乏になっていくという事ですね(汗)


非正社員、初の4割雇用側「賃金の節約」 厚労省調査
20151123-1